アイリッシュ ポプリン

さりげない高級感

アイリッシュ ポプリンはシルクと梳毛ウールを組み合わせた織物です。ビジネス シャツの一般的な織りであるコットン ポプリンと混同しないでください。アイリッシュ ポプリンは、シルクの滑らかさと上質なウールの贅沢で柔らかな手触りを備えた歴史ある生地です。従来のシルクネクタイのような艶やかな輝きではなく、温かみのある光沢感とマットな仕上がりが特徴です。

アイリッシュ ポプリンの製織プロセスでは、シルクの縦糸とウールの横糸を組み合わせることで、丈夫で豪華な織物を生み出します。アイルランドでは 3 世紀にわたり、世代から世代へと受け継がれた手織り機とノウハウを使用して、同じ方法で作られてきました。アイルランドでは長い間ウールやリネンの織物が盛んに行われてきましたが、ポプリンの歴史において決定的な出来事は、17世紀末頃にフランスのユグノー人(本質的には宗教的難民)が到着したことでした。フランスの絹織物職人は、当時リネンとウールに重点を置いていたダブリンの織物貿易を活性化させました。この専門知識の組み合わせによりポプリンが発明され、急速な成功を収めました。 19 世紀、アイルランドのリネンとウールの製造業者は輸入品によって大きな困難に直面しましたが、その独特な歴史を持つポプリン生地は生き残りました。

ポプリンは学術機関と長いつながりを持っています。ポプリン タイはダブリンの古い大学のガウンの製造に使用され、1950 年代にはアイビー リーグのキャンパスでシェトランド セーターやツイード ジャケットと組み合わせて人気になりました。今も昔もポプリンは、クラブ ストライプやレジメンタル ストライプ、ペイズリー モチーフ、小さな繰り返しプリントなど、クラシックなデザインによく似合います。これらは「ニート」と呼ばれることもあります。ペイズリーは、歴史ある布地と古典的なパターンを組み合わせたもので、ツイード、タッターソール シャツ、ニットウェアなど、他の「カントリー」衣類の自然なパートナーです。クラブストライプは色と面白さを加える伝統的な方法です。季節を問わず、奇妙なジャケットやブレザーを引き立てます。

アイリッシュポプリンの奥深い魅力が表面に表れており、滑らかで高級感のある生地で、落ち着いた仕上がりになっています。豊かでありながら控えめで、革新的でありながらも奥深く伝統的です。

この Web サイトでは、最高のエクスペリエンスを提供するために Cookie を使用しています。